自分にあったアイシャドウを探すなら【プチプラコスメに注目】

女性にとっての化粧

重要なアイメイク

化粧をする人

女性にとってコスメは欠かすことができないアイテムです。
毎日欠かさず食事をするのと同じように女性なら誰しもコスメを用いてメイクアップするからです。
メイクアップの中でも重要なのはアイメイクと言えます。
アイメイクにはアイライナー、マスカラ、ビューラー、アイシャドウなどといったコスメを駆使してメイクを仕上げます。
マスカラやアイライナーは綺麗に塗ったり描けるのにアイシャドウはどのように塗るべきか困惑する人も少なくありません。
アイシャドウが苦手な人はまずどこから、どのようにアイシャドウを塗るべきかわからないのです。
アイシャドウはコツさえ押さえれば誰でも簡単に綺麗に塗ることができます。
アイシャドウはまず瞼全体にパレットの最も薄く淡い色を全体に塗ります。
そのことで、瞼がワントーン明るい色になって、あとで乗せる色の発色が良くなるからです。
次いでやや色味のついた色をチョイスし、アイホールに塗ります。
アイホールの位置がわからない人が多いですが、眼球の丸みのあるところを指します。
そして最も濃い色を瞼の際に乗せます。
最後に指で軽く全体をなじませるように優しくなでることできれいなグラデーションができます。
またアイシャドウをコスメショップでどのように選ぶべきか困惑する人もいます。
初心者はまず誰でも似合うカラーのブラウンやベージュ系のカラーから始めると良いでしょう。
ブラウンやベージュ系は黄色人種の日本人でも違和感なく綺麗に色が乗ります。

基本を覚えると楽に

女の人

目元を魅力的にみせてくれるアイメイクは、コスメのアイシャドウを使い、さまざまな色を塗り分けていくことでつくることができます。
手順としてはまず、アイホールと言われる部分、目頭と目尻を結び半円状に囲むことができる部分にコスメのアイシャドウを塗っていきます。
この部分に塗るアイシャドウはハイライトカラーと言われる最も明るい色で、アイホール全体に塗ることで肌のくすみを消し、肌を明るくみせてくれます。
使う道具は、幅の広い大きめのチップかアイシャドウ用の大きめのブラシを使い塗っていきます。
次は、メインカラーと言われる最も濃い色で、細いチップか細身のブラシを使い、目の際に細く入れていきます。
メインカラーは目の印象を左右する色なので、選ぶときは自分のなりたいイメージか最も似合う色にするといいでしょう。
メインカラーは、目の際に入れたら目の際から眉のほうへブラシを使って軽くぼかしていきます。
次に、ハイライトカラーとメインカラーのつなぎ役であるミディアムカラーを塗っていきます。
ミディアムカラーは最初に横に塗り、次にぼかすときは縦にブラシを動かすと綺麗なグラデーションを作れます。
最後にまたブラシでアイホールの一番外側のラインにそうようにハイライトカラーを入れ、チップを使い下まぶたの目元の際、目元から目尻にかけてハイライトカラーを細く入れていきます。
これが基本的なコスメのアイシャドウの塗り方で、あとは個々の目の形に合わせて塗り方を少しアレンジしていくといいでしょう。
初心者におすすめのコスメのアイシャドウは、ハイライトカラーとメインカラーとミディアムカラーが各1色ずつセットになっているパレットタイプです。

ブラシの賢い選び方

メイクをする人

アイメイクをするだけで目をパッチリと印象的に仕上げることができるので、アイシャドウやアイラインなどのコスメは欠かせないという方も多いのではないでしょうか。
特にアイシャドウは、コスメブランドによって様々なカラーが販売されているので、どれを購入しようか考えるだけでも楽しいですね。
アイシャドウは付属のチップを使ったり、指で直接塗ったりすることができますが、より綺麗に塗ろうと考えるのならブラシを使用しましょう。
それぞれのコスメに合わせたブラシがたくさん販売されていますが、アイシャドウを塗る際は主にアイシャドウブラシを使います。
ブラシを選ぶ際に注意することは、そのブラシの素材や柔らかさをよく見て、肌を傷つけない優しいブラシを選ぶようにするということです。
多くのコスメブランドが専用のブラシを販売していますし、カウンターでは実際に試してみることもできるので、ブラシの肌触りは必ずチェックして購入するようにしましょう。
また、できればアイシャドウのブラシは1本だけでなく、複数本揃えておくようにするのがおすすめです。
そして、ブラシの毛量や大きさもそれぞれ違うものを用意しておくと便利で、使いやすくなります。
アイホール全体にさっと塗る大きめのブラシ、瞼の際に締め色を塗るための細めのブラシなど、使い分けておくとアイシャドウが塗りやすいです。
それらのブラシは使いっぱなしにするのではなく、たまには専用のクリーナーなどで洗浄し、清潔に保つようにしましょう。